トップページ > 学術部門 奨学生紹介 > 久保田 しおん

学術部門 現役奨学生

第44・49回生
久保田 しおん物理学
Shion Kubota

米国 ハーバード大学 博士課程進学予定

【略歴】
1997年神奈川県生まれ 2012年湘南白百合学園 2015年マウント・ホリヨーク大学 2019年Physics Department, Harvard University

【賞歴】
2017年Sarah Wilinton Scholar (大学での成績優秀者に与えられる称号) 2017年孫正義育英財団奨学生に選出 2018年MHC Concerto Competition Winner (Western Massachusetts 音楽コンペティション優勝) 2018年Sigma Pi Sigma入会 (米国の優秀な物理学生のみが入会できるHonor Society) 2018年Beyond the Standard Model Physics at the HL-LHC and HW-LHC (CERN 公式レポート, collaborator) 2019年マウント・ホリヨーク大学首席賞(Outstanding Learning Assistant Award) 2019年High honor in Physics

【自己紹介】

感動は人類の善意的行動を生み出す究極のツールだと私は信じています。私が行っているニュートリノに特化した素粒子物理学の研究では、「私たちはどのようにしてこの宇宙に存在し始め、なぜ存在し続けられるのか」など、人類が抱いてきた最も原始的な疑問に対して最先端の技術や理論を使って答えを探し続けています。人類の知識の果てを日々超え続け、その先に見える自然の大きさを以て、その自然の中に生きることの感動を世界に生み出し続けられる科学者になります。

Deep Underground Neutrino Experiment (DUNE) 

【活動レポート】