トップページ > ご寄付のお願い

ご寄付のお願い

「世界に挑戦し、ずば抜けた活躍をしそうな日本の若者」を一緒に応援してください!

私ども江副記念リクルート財団は、1971年に奨学金事業を開始いたしました。2012年 4月に公益財団法人への移行が認められ、現在は、我が国の社会ならびに芸術文化の振興・発展に寄与することを目的として、芸術(音楽・クリエイティヴ)およびスポーツの分野を中心に、世界で活躍することを目指す若者への奨学金の支給を行っております。2021年3月には内閣府賞勲局より日本の褒章制度の一つで公益のために私財を寄付し功績顕著なる方々へ授与される「紺綬褒章」の公益団体認定を受けました。

当財団では、より多くの才能ある若者を支援していくために、当財団の事業に賛同してくださる法人・個人の皆さまからのご寄付を募っております。お預かりしました寄附金は、公益事業推進のために有効に活用し、その活動内容は当財団HPにて適宜公開させていただきます。

皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。なお、たいへん勝手ながら、ご寄附は1回1万円以上でお願い申し上げます。

【ご寄附に関する税制優遇について】

当財団は、内閣総理大臣より「公益財団法人」としての認定を受けておりますので、当財団への寄附金には、税法上の優遇措置が適用され、所得税・住民税(個人)、法人税(法人)、の控除を受けることができます。
くわしくは「税制優遇〜寄附金控除について〜」および「国税庁タックスアンサー」をご覧ください。

▼税制優遇~寄附金控除について~
当財団は、税法上の「特定公益増進法人」に該当し、法人が実施している公益目的事業を支援するために支出された寄附金については、申告によって1.個人からの寄附(所得税、住民税)と、2.法人(民間企業等)からの寄附(法人税)について一定の免税措置を受けることができます。


【個人の方に対する優遇措置(所得税、住民税)】
当財団への皆さまからのご寄附については、確定申告時に寄附金の所得控除が受けられます。

年間の寄附金額 - 2000円 = 寄附金控除額(総所得金額から控除)
*但し、年間の寄附金額の合計額は年間総所得金額の40%が限度

▼所得税に関するお手続き
寄附した年の翌年の確定申告時(2月16日~3月15日)に当財団発行の受領証を添付して税務署に申告してください。年末調整で申告することは出来ませんのでご留意ください。

▼個人住民税に関するお手続き
確定申告を必要としない方のみ、住民税申告の際にお手続きください。

*東京都にお住まいの方は、上記所得税に加えて個人都民税の寄附金税額控除を受けることができます。
 控除できる金額は、以下のとおりです。

(寄附金の合計額 - 2000円)×4% = 税額控除
*但し、年間の寄附金額の合計額は年間総所得金額の30%が限度


【法人の方に対する優遇措置(法人税)】
当財団への寄附金は、一般の寄附金の損金算入限度額①とあわせて別枠で算出した特定公益増進法人への寄附金損金算入限度額②(ただし、特定公益増進法人への寄附金額が限度)が損金に算入出来ます。具体的な損金算入限度額は以下のとおりです。

① 一般の寄附金の損金算入限度額
(資本金等の額 × 0.25% + 所得の金額×2.5%)× 1/4

② 特定公益増進法人に対する寄附金の損金算入限度額
(資本金等の額 × 0.375% + 所得の金額×6.25%) × 1/2


【褒章制度について(紺綬褒章の授与)】
公益財団法人江副記念リクルート財団は、内閣府賞勲局より日本の褒章制度の一つで、公益のために私財を寄付し功績顕著なる方々へ授与される「紺綬褒章」の公益団体認定を受けました。 個人では500万円以上、団体、企業等は1,000万円以上を当財団へご寄付をいただいた方々で定められた条件を満たす場合、当財団より「紺綬褒章」の授与申請をいたします。予めお申し出いただいた分納によるご寄付も含まれます。

なお、紺綬褒章の申請手続きにあたっては、必要書類の作成のため、個人情報や法人・団体情報をご提供いただく必要があります。また、紺綬褒章の対象となる当財団へのご寄付は、内閣府より当財団が認定を受けた2021年3月25日以降が対象となりますので、予めご了承ください。
※ご参考 内閣府ホームページ 

その他、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
公益財団法人江副記念リクルート財団 info@recruit-foundation.org