トップページ > 学術部門 奨学生紹介 > 白井 那奈子

学術部門 現役奨学生

© Nicolas Chae

第51回生
白井 那奈子医学
Nanako Shirai

米国 ハーバード大学

© Nicolas Chae

【略歴】
1998年大阪府生まれ 2013年Academic Magnet High School 2015年Hanover High School 2017年Princeton University 2021年コロンビア大学

【賞歴】
2017年国際哲学オリンピック・日本代表選考会で優秀賞 2018年Amgen Scholars Program (東京大学)”Best Presentation Award”受賞 2019年Current Opinion in Otolaryngology & Head and Neck Surgery に論文を掲載 2020年Nature Communications に論文を掲載 2021年Princeton University Molecular Biology学部を優等で卒業

【自己紹介】

パーキンソン病は神経の病気で、アルツハイマー病の次に多く見られる神経変性疾患となります。世界では一千万の方が診断されていて、高齢化が進む中、パーキンソン病で苦しむ人口は増える傾向にあります。いまだ根本的な問題を直す薬はありません。医学部ではプリンストン大学で取り組んだ研究を生かし、パーキンソン病のメカニズムを解明する研究に携わりたいです。

【活動レポート】