トップページ > 卒業レポート

卒業レポート

大学/大学院の卒業、または財団在籍の上限である27歳を迎え当財団を卒業する奨学生のみなさんは、どんなことを経験し、達成し、これからも自らの道を切り拓いていくのか。奨学生の過去と未来をレポートしてもらいました。

academic

2024.01
原田光遥
第48回生 - オックスフォード大学

江副記念リクルート財団学術部門第48期奨学生の原田光遥です。この度、オックスフォード大学大学院オンコロジー学博士課程を修了し、卒業する運びとなりました。自分の知的好奇心を追求する4年半は山あり谷ありの...

academic

2023.08
島戸 麻彩子
第47回生 - University College London

この夏にユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)医学部医学科を卒業いたしました、島戸麻彩子です。1年次より江副記念リクルート財団からご支援いただいたおかげで、6年間医学部内外で自分の興味を追求し視...

academic

2023.08
佐藤満龍
第48回生 - ケンブリッジ大学 修士 先進計算機科学コース

江副記念リクルート財団学術部門第48回生の佐藤満龍です。私は4年以上にわたり財団の支援を受け無事にエディンバラ大学で計算機科学の学士号を、ケンブリッジ大学で計算機科学の修士号を取得することができました...

academic

2023.07
ナップ ダニエル
第48回生 - Princeton University

 レーザーの制御、ハチの群れの動きの記録と分析、量子的な多体問題の数値趣味レーション、原子ビームを用いたスペクトルの測定など、江副記念リクルート財団に支援していただいた4年間で多数のプロジェクトに挑戦...

academic

2023.07
大地脩介
第48回生 - シカゴ大学

シカゴ大学大学院化学科の大地です。2023年5月にPh.D. Dissertation Defenseを無事終え、6月中には博士論文の投稿と卒業式も終えました。既に博士号取得に必要な全ての要件を満たし...

academic

2023.07
中村勇人
第50回生 - Stanford University

皆さん、こんにちは。江副記念リクルート財団の学術部門、第50回生の中村勇人です。6月をもちまして、江副記念リクルート奨学生を卒業することになりましたことをご報告します。私は現在、アメリカにあるスタンフ...

art

2023.07
合田 結内奈
第48回生 - ロンドン大学 ゴールドスミスカレッジ

2020Goldsmiths BA Designでの卒業制作展の合間、そして終わってからの数日間、ずっとこれまでの道筋を振り返っていました。卒業シーズンのノスタルジーな雰囲気に晒された影響もありますが...

academic

2023.06
グェン イェン バン マイ
第47回生 - ペンシルバニア大学院

ニューヨーク大学での活動 4年間、ニューヨーク大学で「Neural Science/神経科学」を専攻しながら、同時に「Studio Art/スタジオアート」と「Child and Adolescent...

art

2023.05
福田 由美 エリカ
第50回生 - School of the Art Institute of Chicago

大学院に入った当初の目的は、学部から自分の作品の精度をもっとあげること、そして異なる土地で作品の見え方や受け取られ方はどのように変わるかを確かめることでした。学部の絵画専攻から大学院で彫刻専攻に転科し...

sports

2023.04
村瀬心椛
第51回生 - 岐阜第一高等学校

今シーズンは新しい技を習得し大会で成績を残すことを目標に日々練習に励んでいました。 スイッチの技(キャブ・スイッチバック)は苦手なので、オフシーズンに徹底的にやり込みました。また今年からは体づくりにも...

art

2023.04
小林 颯
第49回生 - ベルリン芸術大学大学院

2020年秋からの二年半に渡って、江副記念リクルート財団から海外生活をご支援いただきました。コロナ禍の影響もあり、最初の半年は東京で、残りの二年はベルリンで過ごしました。資金面に加えて、アート部門 現...

academic

2023.04
澤岡洋光
第49回生 - ハーバード大学

私の研究は、「レーザー冷却」と呼ばれる手法を用いて「この世で最も冷たい分子」を作り、それを用いて「新たな物理法則」を発見しようとするものです。この研究はちょうど私が大学院に入学した時から始まり、文字通...

music

2023.04
藤田真央
第49回生 - ハンスアイスラー・音楽大学

私は2年半に渡り、江副記念リクルート財団より奨学金をいただき、なに不自由なくピアノに向き合うことができた。これは誰もが受けられる恩恵ではなく、選考していただいた先生方、江副記念リクルート財団の皆様方全...

music

2023.04
小林愛実
第49回生 - エコールノルマル音楽院

リクルートスカラシップを申し込んだ時の当初の目標は、音楽を心から楽しむこと、ソロだけでなく室内楽など色々な形の音楽を深めること、そしてショパンコンクールにもう一度挑戦し、日本、世界中でコンサートの機会...

music

2023.04
小林海都
第48回生 - バーゼル音楽院

江副記念リクルート財団様には5年間お世話になりました。 僕にとっての当初からの目標はとにかく演奏家としての活動ができるようになることでした。それはソリストとしての演奏機会があまりなかった僕にとっては、...

music

2023.04
周防亮介
第46回生 - カレイドス応用科学大学(メニューイン国際音楽アカデミー)

第46回奨学生の周防亮介です。 江副記念リクルート財団の奨学生として5年間も在籍させていただき、今月で卒業を迎え今は感謝の気持ちでいっぱいです。 奨学生としてお世話になると同時にメニューイン国際音楽ア...

music

2023.04
桑原志織
第44回生 - ベルリン芸術大学

江副記念リクルート財団の皆様、2015年度から2022年度までの長きに渡り最大のご支援を賜り、世界へと挑戦させ続けてくださいましたことに心より感謝申し上げます。 この8年間は、挑戦したいこと、学びたい...

music

2023.04
上野通明
第44回生 - エリザベート王妃音楽院

 2015年から8年間に渡りご支援いただき、どれだけ感謝してもしきれない思いです。  昔から僕の夢は世界中の人々に自分の音楽を聴いてもらうことで(それは今でも変わりませんが)、財団様にご支援いただいた...

academic

2023.01
渡邊千晴
第47回生 - マサチューセッツ工科大学

大学入学当初から私は、持続可能な都市インフラの構築により、より良い、より強い、より環境にやさしい未来都市の開発に強い興味を持っていました。それが理由で、MITの学部課程では土木環境工学を専攻しました。...

academic

2022.09
小谷航平
第45回生 - ジョージア工科大学院

・専攻分野について  江副記念リクルート財団からご支援していただいたのは6年前からになります。高校生のときは将来宇宙開発に携わりたく、宇宙開発を学ぶならば最先端を進んでいる米国で学ぶことが最も近道なの...

academic

2022.09
貴島萌
第49回生 - ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)

先日イギリス、ロンドンのUniversity College London (UCL)医学部よりMB,BS Medicine Distinction in Clinical Practiceと2018...

academic

2022.07
佐野めぐみ
第46回生 - Stanford University

スタンフォード大学では、2021年に学部課程を応用数学専攻(B.S. Mathematical and Computational Science, GPA: 4.14)で卒業し、今年6月に修士課程を...

academic

2022.06
塚田詠里央
第46回生 - ケンタッキー大学

 2022年5月6日、アメリカ・ケンタッキー大学で卒業式が行われ、無事、大学を卒業させて頂く事が出来ました。4年間、江副記念リクルート財団の奨学生として私を支えて下さった財団の皆様には本当に心から感謝...

2022.04
卒業レポートを公開しました
岡本 侑也、石川 真奎、岡西 眞友子、岸上 知志、平松 大知

-

大学/大学院の卒業、または財団在籍の上限である27歳を迎え当財団を卒業した2021年度卒業生5名が、これまでの成果や今後の展望についてレポートしてくれました。是非ご覧ください。 器楽部門42回生 岡本...

music

2022.04
岡本侑也
第42回生 - ミュンヘン音楽大学

最近まで卒業の実感があまり湧かない日々を過ごしておりましたが、この卒業レポートを書かせていただいて、ついにこの時が来てしまったと、しみじみ感じております。この9年間、どのような局面においても、温かく見...

academic

2022.04
岸上 知志
第48回生 - オックスフォード大学化学科

オックスフォード大学に留学をしたのは、自分が学部生時代にアメリカに留学していた際に重点的に学習した有機合成化学だけではなく、その周辺の様々な分野についても広く学びながら研究をしたいと考えたことがきっか...

academic

2022.04
平松大知
第48回生 - インペリアルカレッジロンドン

入学当初の目標はPhDを通じて発生生物学における研究の実験・知識の基礎を身につけることでした。修士課程までは有機化学系の勉強をしており、生物に関しては学部と修士の研究で細胞を培養していた程度でした。し...

academic

2021.08
岡西 眞友子
第46回生 - King's College London

 2021年7月をもって、英国のKing’s College LondonのDepartment of War Studies, International Relations (戦争研究学部)を卒業...

art

2021.08
石川真奎
第48回生 - The Glasgow School of Art

2019年から2021年の約2年に渡りスコットランドへの留学を江副記念リクルート財団にしていただきました。今もこの国で活動することが出来ているのは、偏に財団の献身的なサポートのおかげです。  この2年...

academic

2021.04
角南槙一
第47回生 - オックスフォード大学

最終的な研究テーマとその意義 博士課程の初期から研究テーマを拡張し、全体の研究テーマは「量子気体による非平衡量子ダイナミクスの実験的検証」となりました。平衡状態にあるマクロな系を扱う熱力学・統計力学は...

music

2021.04
阪田知樹
第43回生 - ハノーファー音楽演劇メディア大学大学院

2014年より江副記念リクルート財団に御支援頂くこととなり、欧州に拠点を持ち、ドイツの音楽大学にて研鑽を積むということが実現しました。 ドイツ・ハノーファーでの充実したレッスンの数々は勿論のこと、座学...

academic

2021.04
小宮貫太郎
第46回生 - DePauw University

1.専攻分野について…当初の目標とその進捗・成果、財団の支援があったからできたこと、今後の進路と目標 2020年12月をもって、米国の4年制大学・DePauw Universityを卒業しました。経済...

music

2021.04
反田恭平
個人助成事業対象者 - The Fryderyk Chopin University of Music (The Fryderyk Chopin Academy of Music)

第46回生として御支援して頂き、その後個人助成事業対象者としても活動をサポートして頂けた事は大変光栄で、長きに亘りありがとうございました。日頃から奨学生を陰で応援して下さったスタッフの皆様にも、とても...

art

2021.04
石原海
第47回生 - ゴールドスミス

1年半に渡って海外生活の支援を江副記念リクルート財団にしていただきました。今年度はイギリスではなく日本からの大学生活となってしまいましたが、とりわけ最初の1年間のイギリス生活は本当に自分の人生の中でも...