トップページ > 器楽部門 奨学生紹介 > 戸澤 采紀

器楽部門 現役奨学生

第48回生
戸澤 采紀ヴァイオリン
Saki Tozawa

リューベック音楽大学

【略歴】
2001年東京都生まれ 2016年東京藝術大学音楽学部附属高等学校 2019年東京藝術大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻 2021年リューベック音楽大学

【賞歴】
2014年第30回 かながわ音楽コンクール ヴァイオリン部門大賞 2015年第65回 全日本学生音楽コンクール ヴァイオリン部門中学校の部 東京大会第1位 全国大会第1位 並びに横浜市民賞受賞 2016年第85回 日本音楽コンクール ヴァイオリン部門 第1位 併せて黒柳賞、鷲見賞、レウカディア賞受賞 2017年スイス・シオン ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール第2位(最高位)

【自己紹介】

ヴァイオリンを弾いて音楽を研究する中で、「癒し」や「感動」だけが音楽ではない、と最近強く思うようになりました。「幸も100、苦も100」これは私の好きな言葉で、幸せなことだけでなく、苦しく悲しいことも全て人生の糧になるという意味ですが、音楽も同じで、ポジティブではない感情をも、音楽を豊かにする要素にすることが出来ます。これからもっと沢山の経験を積み、壁にぶつかることがあっても、困難を通して得たすべてを反映させて、より深い音楽、より力のある音を目指していきたいです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

【活動レポート】

【応援レポート】

リクルートスカラシップコンサート

器楽部門現役奨学生が一堂に会し、国内外での演奏会や練習等、この1年間研鑽を積んだ成果を披露するコンサートです。
若き精鋭たちの演奏を楽しみに、たくさんのお客様にお越しいただいています。