トップページ > 学術部門 奨学生紹介 > アガルワラ ユキ

学術部門 現役奨学生

第49回生
アガルワラ ユキ生物医科学
Yuki Agarwala

英国 インペリアル・カレッジ・ロンドン

【略歴】
2002年茨城県生まれ 2017年ケイインターナショナルスクール東京

【賞歴】
2016年Molecular Frontiers Inquiry Prize: Molecular Frontiers Foundation主催の国際コンテストでInquiry Prizeを受賞し、ノーベル賞受賞者とのパネルディスカッションに参加 2016年EARCOS Global Citizenship Award 受賞・KIST End of Year Honor Roll Award 受賞・KIST Scholar's Award Gold Level 受賞 (学費75%免除) 2019年筑波学院大学主催の英語スピーチコンテストで第一位を獲得 2019年International Young Researchers' ConferenceにてBest Presenter in STEM Awardを受賞 2019年Molecular Frontiers Journal Competition Second Prize: World Scientific Publishing Company主催の国際コンテストで第二位を獲得、記事はWorld Scientific Publishing Company が出版する本とMolecular Frontiers Journalに記載 2021年Dean's List in Year 1 (2020-2021)Academic Representation Network Undergraduate Team of the Year 2020-2021

【自己紹介】

脳の病気や抗生物質のスーパー耐性菌などの21世紀の疾患は広がり始めています。これらの難病を克服するのに生物医科学の包括的なアプローチが必要だと思います。さらに、生物医科学の知識のみならず、他の専門家との協力や患者の置かれた生活や社会の理解なども含めた学際的なアプローチも求められます。大学ではこのようなことを心に留め、授業内外のディスカッションと課外活動に積極的に取り組み、将来生物医科学の知識と技術を実世界で応用して、難病克服に貢献し世界のリーダーを目指して学んでいきます。

【活動レポート】