トップページ > 学術部門 奨学生紹介 > 安藤 万留

学術部門 現役奨学生

第50回生
安藤 万留生体医工学
Maru Ando

米国 ジョンズ・ホプキンス大学

【略歴】
2003年生まれ 2017年Rugby School 2018年早稲田実業学校高等部 2019年Westminster School 2021年Johns Hopkins University

【賞歴】
2017年早稲田実業学校第一期留学奨学生 2018年UKMT Mathematical Olympiad for Girls Distinction受賞 2019年UKMT Mathematical Olympiad for Girls 2年連続Distinction受賞 2019年~慶應義塾大学にて「ケミカルマイクロビーズの生体内グルコースセンサへの応用」について研究活動中 2021年~国際学術誌Sensorsに筆頭筆者として執筆した論文投稿 (Janus Hydrogel Microbeads for Glucose Sensing with pH Calibration, Sensors (2021)) 2021年~国際学会Miniaturized Systems for Chemistry and Life Science (μTAS 2021)にてポスター発表、Young Research Award他4つの賞にノミネート

【自己紹介】

慶應義塾大学尾上研究室と共同で、体内で使用される医療デバイスの開発を目標に、グルコースセンサとして機能するマイクロビーズのpHカリブレーションについて研究し、国際学術誌Sensorsへの論文投稿や国際学会Micro TASにて研究成果を発表しました。Johns Hopkins大学でも新しい医療に関する研究に携わりたいと考えています。

【活動レポート】