トップページ > 学術部門 奨学生紹介 > 澤岡 洋光

学術部門 現役奨学生

第49回生
澤岡 洋光物理
Hiromitsu Sawaoka

米国 ハーバード大学 博士課程

【略歴】
1995年大阪府生まれ 2011年大阪星光学院高等学校 2014年トロント大学 2018年ハーバード大学

【賞歴】
2013年第44回国際物理オリンピック(デンマーク大会)の日本代表、銅メダル獲得 2018年Review of Scientific Instruments 誌に論文発表。 干渉計を用いたレーザー安定化のための新技術を開発。 S. Jackson, H. Sawaoka, N. Bhatt, S. Potnis, and A. C. Vutha (2018), Laser frequency stabilization using a transfer interferometer, Rev. Sci. Instrum., 89, 033109 2018年トロント大学卒業時、The University College Medal for the Best Degree in Science (理系で首席)を獲得 2019年Physical Review A 誌に論文発表。 トロント大学在学中に立ち上げた研究で、世界で最も微弱な固相での光学的遷移を検出した。 M. Verma, L. Talamo, H. Sawaoka, and A. C. Vutha (2019), Direct observation of a highly forbidden optical transition in Sm:SrF2, Phys. Rev. A 100, 032502 2020年New Journal of Physics 誌に論文発表。Fast Track Communication に選定される。 ハーバード大学で立ち上げた研究で、世界で最も複雑な分子のレーザー冷却に成功した。 B. L. Augenbraun, Z. D. Lasner, A. Frenett, H. Sawaoka, C. Miller, T. C. Steimle and J. M. Doyle (2020), Laser-cooled polyatomic molecules for improved electron electric dipole moment searches, New J. Phys. 22, 022003

【自己紹介】

「新たな物理法則を発見したい。」これは、私が物理を志したきっかけであり、私の人生の大きな目標である。この目標を実現するため、私は現在、ハーバード大学で量子光学の技術を用いた低エネルギーでの素粒子実験を最初期の段階から立ち上げている。この実験は、レーザー冷却された超低温分子の精密測定により、新たな素粒子の存在の検証を目指す。この経験を活かし、将来的に自ら研究室を率いて既存の物理理論の枠組みを超越する大発見をしたいと考えている。

【活動レポート】