トップページ > 奨学生活動レポート > 部井久アダム勇樹 – 2019.07

奨学生活動レポート

sports

2019.07
部井久 アダム 勇樹 Baig Adam Yuki

現在シーズンオフのため日本に帰国し中央大学に通っていますが普段はフランスにいるため。フランスでの生活について書こうと思います。

私が昨シーズンまで所属していた、セッソン・レンヌというチームはフランスのブルタニューというところにあるセッソン・セベニエという街にあるチームです。都会過ぎず程よい街で私は個人的にすごく好きな街です。

1週間のうち基本的に5回ハンドボールの練習があり、2回筋力トレーニングがあります。ハンドボールの練習は4時ごろからなので午前中時間がある時はフランス語の勉強をしたり、大学の課題をしたりしています。休日は買い物をしたりボーリングをしたりしています。家はチームメイト2人とルームシェアをしています。フランスに来てからは料理をするようになったので、たまに休日に手の込んだ料理を作る時もあります。

       

リーグ期間中は基本的に週に1回試合があります。フランス国内でのハンドボール熱は非常に高く選手としてはとても幸せな環境下でハンドボールが出来ているなと日々思います。海外の地で大変な事は沢山ありますが、自分の活躍で会場中が総立ちになる度にここに来て良かったと思います。今年はもっともっと活躍できるようがんばります。