スポーツ部門 卒業生

第44回生
中野 幹士ボクシング
Mikito Nakano

東京農業大学国際バイオビジネス学科

【略歴】
1995年大阪府生まれ

【賞歴】
2013年「第68回国民体育大会ボクシング競技」フライ級 優勝 2014年「全日本ボクシング選手権大会」バンタム級 3位

※奨学生在籍当時のプロフィール

【自己紹介】

私は、小学6年生からボクシングを始めました。きっかけは、父親の勧めからです。当時はボクシングの魅力などわからなく、都内にあるボクシングジムで毎日ロープ(縄跳び)を飛んだり、シャドウボクシングや防御の基礎練習を毎日行っていました。
ボクシングジムには、プロの世界チャンピオンが数名おり、私に色々とボクシングの技術などアドバイスして頂きました。そうして段々とボクシングの技術や選手としての心得を学んで行きました。
アマチュアのボクシングは、単なる殴り合いではなく、いかにターゲットエリアにパンチをヒットさせて、相手の攻撃を阻止するか。この攻防がアマチュアボクシングの魅力でもあり見所です。
高校では、インターハイ、国体、全国高校選抜大会で優勝を果たし3冠を達成しました。現在は東京農業大学2年生として勉学とボクシングに励む毎日です。必ずや2016年リオデジャネイロオリンピックに行き、そして2020年東京オリンピックで金メダルを目指します。そしてご支援を頂いた公益財団法人江副記念財団の皆様に感謝したいです。

【活動レポート】

【応援レポート】

2016.10.06

岩手県

2017.11.22

福井県福井産業会館

2017.10.05

松前公園体育館

2016.11.16

松前公園体育館(愛媛)

2016.10.06

岩手県

2015.06.13

後楽園ホール