トップページ > 器楽部門 奨学生紹介 > 山根 一仁

器楽部門 卒業生

© K.MIURA

第43回生
山根 一仁ヴァイオリン
Kazuhito Yamane

ミュンヘン音楽演劇大学

© K.MIURA

【略歴】
1995年北海道生まれ

【賞歴】
2010年第79回 日本音楽コンクールヴァイオリン部門最年少 第1位、併せてレウカディア賞、鷲見賞、黒栁賞、 岩谷賞(聴衆賞)、増沢賞 2015年度第25 回京都・青山音楽賞新人賞 2015年度第26 回出光音楽賞

※奨学生在籍当時のプロフィール

【自己紹介】

いつも貴重な学びの機会をありがとうございます。
僕が一番大切にしていること。それは、『音楽を楽しむこと』。
この思いに関しては誰にも負けない自信があります。
どんな曲を弾く時も、その曲が生まれるまでの時代背景、作曲家の曲に対する思いを調べたり想像したりします。
時には300年以上前の曲、近い時では僕が生きている現代の曲であることもありますが、いつも、今こうして自分がその音を生みだしている喜びがあります。
なかでも現代曲の魅力は、時には、今世界のどこかに生きている作曲家から、曲へのメッセージをいただけるチャンスがある面白さも加わり、心踊ります。
僕自身もきっと、これから何年か前、何年か後では変化するはずです。
そうした中で常に新しい気持ちで挑戦を忘れずに楽曲と向き合い、ワクワクする壮大な世界に自由に羽ばたいていきたいと思います。
一生、この思いを胸に、毎日を大切に生活したいと強く感じています。

【活動レポート】

【応援レポート】

2016.07.19

東京オペラシティ

2016.06.29

横浜みなとみらいホール大ホール

2015.09.13

京都コンサートホール 大ホール

2015.08.22

久慈市文化会館(アンバーホール)大ホール

リクルートスカラシップコンサート

器楽部門現役奨学生が一堂に会し、国内外での演奏会や練習等、この1年間研鑽を積んだ成果を披露するコンサートです。
若き精鋭たちの演奏を楽しみに、たくさんのお客様にお越しいただいています。