トップページ > 学術部門 > ナップ ダニエル

学術部門 現役奨学生

第48回生
ナップ ダニエル物理学
Daniel Knapp

米国 プリンストン大学進学予定

【略歴】
2000年アメリカ生まれ 2016年東京都立国際高等学校

【賞歴】
2017年参議院70周年記念論文賞 佳作 2017年Interdisciplinary Workshop on Science and Patents, High School Section, Rafael Kieboms Prize 2017年GSC全国受講生発表会 文部科学大臣賞 2017年Harvard Book Award 2018年全国物理チャレンジ 全国大会出場(2017と2018)

【自己紹介】

日米間のニュートリノ研究を支える素粒子物理学研究者として、私は日本国内外で物理学に貢献したい。日本とアメリカの両方で生活してきた経験があり、国際バカロレアコースの教育課程で勉強してきた私はこのユニークなバックグラウンドと物理に対する情熱を活かして、ニュートリノに関する日米間の研究に貢献できると確信している。ニュートリノの測定は困難であり、日米間の地理的な距離を活かした実験を通して、新たな発見があるに違いない。